大事なひとを奪われて人魚を憎みつづけたふたりが
異界のひとになったそのひとともう一度出会うって、死んだ人に会う話と同じテイスト
そこはうるっときますよね、うん…あの壁が壊れるのってルーパパが水深を下げようと
波を起こしたからでした?ひとを大事に思うじいさんの傘がルーたちも守ったってのもいいお話
いつのまにかお別れ、は(カイの)成長物語だから?ずっといたら別の感情になるし?
異種のものを排除する現実のいろいろと重なるムードが賞とった理由なのかな
ルーがひと噛みすればカイも海の仲間でいつもいっしょ、と思ったら思い出したのは花田少年史
「好きだから…つれていかない!」を「ルー」で見たいかも、しれないけど
でも、もう助からない人や犬をそれならもう人魚でいいでしょ、ってことで救済
なら、人間の人生をやる気満々のカイにそれはむごいかも、ですねん